日本語校閲で修正された表現

論文や書籍に用いられる表現にも編集者視点で良い・悪い表現というのがあるそうだ(例えば漢字にすべきでない表現).校閲で修正された表現をメモしておこう(僕の単純な漢字選択ミスも含まれている).

 

注意しておくべき一般事項

  • 数字は全て英数字(漢数字を用いない.例:一つ → 1つ)
  • 日本語文中で出現するコロン(:)は和コロン(全角コロン)
  • 数学変数はイタリック(例:i行j列 → ij列)
  • かっこ付き数字が連続するときは全角カンマ(,)を入れる(例:式(2)(6) → 式(2),(6))
  • かっこ付き英語の場合でもかっこは全角かっこ(例:正しい (true) → 正しい(true))
  • 1章,1.1節,1.1.1項

 

表現上のミス一覧

  • その上で → そのうえで
  • 仮説の基 → 仮説のもと
  • 〜され始めている → 〜されはじめている
  • 全て → すべて
  • 例えば →  たとえば
  • 多数挙げられる → 多数あげられる
  • 盛ん → さかん
  • 無かった → なかった
  • アプローチを採る → アプローチをとる
  • 組み合わせ → 組合せ
  • 捉える → とらえる
  • 〜と言える→ 〜といえる
  • 既に → すでに
  • 等 → など
  • 毎 → ごと
  • 関わらず → かかわらず
  • 多大なる → 多大な
  • 問い合わせ → 問合せ
  • ○○同士 → ○○どうし
  • 留まる → とどまる
  • 効率よく → 効率良く
  • オントロジー → オントロジ
  • 〜にて → 〜で(○○手法で)
  • 幾つか → いくつか