Category Archives: 研究

URAかるたの開発

0
Filed under URA, 研究

carta

 

京都大学でURAとして仕事をし始めて約2年経ちました。URA業務の情報共有・スキルアップのために、URAシンポジウム・研究会に参加したり、自分自身でもURA育成カリキュラムの設計、実施に携わってきましたが、運営者側の期待とは裏腹に「URA業務の理解」「URA同士の情報共有」「URA業務に関する学習」が進んでいないような気がしていました。

 

URAに少しでも関わったことのある方、下記のようなことを思われたこと、ありませんか?

  • URA(リサーチ・アドミニストレータ)っては普及し始めているけど、具体的な仕事内容がイメージできない…
  • そもそも具体的なURA業務がイメージできないから、どんなスキルや知識を学んだらよいか分からない…
  • 他のURAとURA業務について本音で議論したいけど、そんな機会がなかなか見つからない…

 

URAシンポジウムURAスキル標準とは異なるアプローチで、URAの学習環境や相互研鑽をより良くできないか?そう思い、URA養成ゲーム開発プロジェクトを立ち上げました。昨年度は、科学研究費助成事業奨励研究のサポートを受けて、冒頭の画像のような「URAかるた」とそれを用いたゲームのプロトタイプを開発しました。

 

プロトタイプを使って、実際にテストプレイもやってみました。ゲームを始めるまではだいぶん不安でしたが、

  • すごく楽しかった!人数の設定もちょうど良くて、自分の考えを言いやすい雰囲気でとてもよかった!
  • 掛け声、最初は少し恥ずかしかったけど、他の参加者と一体感が出て良かったです!
  • 皆いろんなこと思いながら頑張ってることがあらためて分かった!

など、予想以上に好評でした(同時に改善すべき点も大量に出てきました)。

 

せっかく開発したURAかるたを今後改良・普及するために、開発の過程とプロトタイプテストの詳細について、2-3回に分けてログを残そうと思います。何かの参考になれば幸いです。

 

【掲載予定コンテンツ】

  • 開発の背景 ~ URAの学習・情報共有状況に関するヒアリング
  • URAかるたを使ったゲームの開発
  • テストプレイから見えた今後の課題

 

carta-overview

 

 

【Credibility for the 21st Century】6. 「情報ソース = 組織」である場合

1
Filed under 研究

組織の信憑性(organizational credibility)

  • 会社や団体といった組織(organization)着目した情報ソースの信憑性に関する研究も行われてきた.
  • 組織を情報ソースとする信憑性研究では,顧客の態度や行動に影響を与える要因解明が行われてきた(Gass & Seiter 1999).
  • 広告やマーケティング分野の文脈では,企業の信憑性(corporate credibility),団体の信憑性(institutional credibility),広告主の信憑性(advertiser credibility),小売業者の信憑性(retailer credibility)が研究されてきた.
  • 企業信憑性 = 「顧客や投資家が企業の信頼性や専門性をどの程度信用するかの度合い」(Goldsmith, Lafferty and Newell 2000)
  • 組織の信憑性の背景には,メッセージというものはは個人ではなく,むしろ長年の経験や情報を持つ複雑な組織構造から発信されるものである,という考え方がある.

組織の信憑性に関する研究項目

  • 組織の信憑性に関する分野では,「組織の信憑性が顧客の態度や行動に与える影響」「組織の信憑性の要素」について研究が行われてきた.
  • 組織の信憑性は,顧客のブランドに対する考え方や購入意思に大きな影響を与える(Lafferty & Goldsmith 1999).
  • 組織の信憑性(source credibility as organization)に関する要素(Bobinski, Cox 1996, Hammond 1987, MacKenzie & Lutz 1989, O’Reilly & Roverts 1976)
    • 個人の信憑性(source credibility as person)と共通する要素: 信頼性(trustworthiness),専門性(expertise),魅力(attractiveness)(Haley 1996, Ohanian 1990, 1991).
    • 組織の信憑性に特有の要素:威厳(prestige),競争力(competitiveness),親しみ (familiarity)(Vanden Bergh, Soley & Reid 1981)
    • 「親しみ」は顧客が組織から得る価値と組織が顧客に保証してくれるであろう価値とのバランスをよく表す指標である(Haley 1996).

 

参考文献

  • Bobinski, G.S., Jr.,Cox,D., & Cox, A: Retail “sale” advertising, perceived retailer credibility and price rationale. Journal of Retailing, 72, 291-306 (1996).
  • Gass, R.H., & Seller, J.S.: Persuasion, social influence, and compliance gaining. Boston, MA: Allyn & Bacon (1999).
  • Goldsmith, R.E., Lafferty, B.A., & Newel, S.J.:. The impact of corporate credibility and celebrily credibility on consumer reaction to advertisements and brands. Journal of Advertising. 29,43-54 (2000).
  • Haley, E.: Exploring the construct of organization as source: Consumers’ understanding of organizational sponsorship of advocacy advertising. Journal of Advertising, 26, 19-35 (1996).
  • Hammond, S.: Health advertising: The credibility of organizational sources. In M. L. McLaughlin (Ed.), Communication yearbook 10, 613-628. Newbury Park, CA: Sage.
  • Lafferty, B.A., & Goldsmith. R.E.: Corporale credibility role in consumers’ attitudes and purchase intentions when a high versus low credibility endorser is used in the ad. Journal of Business Research, 44, 109-116 (1999).
  • MacKenzie, S.B., & Luiz. R.J.: An empirical examination of the structural anteccedents of attitude toward the ad in an advertising pretesting context. Journal of Marketing, 53,48-65 (1989).
  • Ohanian, R.: Construction and validation of a scale to measure celebrity endorsers’ perceived expertise, trustworthiness, and attractiveness. Journal of Advertising, 19-39-52 (1990).
  • Ohanian, R.: The impact of celevrity spokespersons’ perceived image on consumers’ intention to purchase. Journal of Advertising Reserch, 31, 46-54 (1991).
  • O’Reilly, C.A. III, & Roberts, K.H.: Relationships among components of credibility and communication behaviors in work units. Journal of Applied Psychology, 61, 99-102 (1976).
  • Vanden Bergh, B.G., Soley. L.C. & Reid, L.N.: Factor study of dimensions of advertiser credibility. Journalism Quarterly, 58, 629-632 (1981).

出典

Credibility in the 21st century: Integrating perspectives on source, message, and media credibility in the contemporary media
Authors: A. Flanagin, M.J. Metzger, K. Eyal, D.R. Lemus
Communication Yearbook 27 (2003)

 

(前の記事)【Credibility for the 21st Century】5. 情報ソースの信憑性に係る様々な要素

 

【Credibility for the 21st Century】5. 情報ソースの信憑性に係る様々な要素

2
Filed under 研究

様々な要素

  • 1960年代から1970年代の情報ソースの信憑性に関する研究では,メッセージの受け手に信憑性を感じさせる要因の解明に力点が置かれた.
  • 研究者の多くは,信頼性(trustworthiness)と専門性(expertise)が情報ソースの信憑性に係る2大要因であることを明らかにしたが,その他にも力強さ(dynamism)や落ち着き(composure),社会性(sociability)といったものも情報ソースの信憑性に影響があることを明らかにした(Berlo, Lemert, & Mertz 1969,Gass & Seiter 1999, Jurma 1981, McCroskey 1966, Perloff 1993, Whitehead 1968).
  • 情報ソースの信憑性の研究においては,メッセージの受け手に信憑性があると思われる話者は「専門能力あり,信頼感(正直さ,真っ直ぐさ)があり活気があり,落ち着きがあり,気立ての良い人」とされる.

情報ソースとのつながり(linking)

  • 話し手とつながりが持てると情報ソースの信頼性を感じるようになる.専門性には影響を与えない(O’Keefe 1990).
  • 愛想や親しみ,見た目の魅力も同様に信頼性に影響する(McCroskey 1966, Widgery & Webster 1969).

情報ソースとの類似性(Similarity)

  • 話し手に類似性を感じるかが,話し手の信頼性,専門性の判断に大きく影響する(Aune & Kikuchi 1993).
  • ここで言う類似性とは態度の類似性であって,素性や能力,肩書きの類似性ではない(Atkinson, Brady & Casas 1981, Byrne 1969, Worthington & Atkinson 1996).

情報ソースの信憑性への影響度合い

  • 情報ソースの信憑性に係る要因がどの程度の影響力があるかについて研究が行われた.
  • 1950年から1990年にかけて,114本の研究論文が発表された.
  • 情報ソースの専門性が最も影響力のある要因(Wilson & Sherrell 1993).
  • 専門性は他の要素よりも客観的で,情報ソースの信憑性を判断しやすいと認知されている.
  • 信頼性の方が専門性よりも影響度が強いと報告している事例もある(Lui & Standing 1989).

 

参考文献

  • Atkinson, D. R., Brady, S., & Casas, J.M. Sexual preference similarity, attitude similarity, and perceived counselor credibility and altraciiveness. Journal of Counseling Psychology, 28, 504-509 (1981).
  • Aune, R.K., & Kikuchi, T. Effects of language intensity similarity on perceptions of credibility, relational attributions, and persuasion. Journal of Language and Social Psychology. 12, 224-237 (1993).
  • Berlo, D.K., Lemert, J.B., & Mertz. R.J. Dimensions for evaluating the acccpiabilily of message sources. Public Opinion Quarterly, 33,563-576 (1969).
  • Bynie, D. Attitudes and attraction. In L. Berkowitz (Ed.), Advances in experimental social
  • psychology (Vol.4, pp. 34-89). New York: Academic Press (1969).
  • Gass, R.H., & Seller, J.S. Persuasion, social influence, and compliance gaining. Boston, Boston, MA: Allyn & Bacon (1999).
  • Jumia, W.E. Evaluations of credibility of the source of a message. Psychological Reports, 49, 778 (1981).
  • Lui. L.. & Standing, L. Communicator credibility: Trustworihiness defeats expertness. Social Behavior and Personality, 17, 219-221 (1989).
  • McCroskey, J.C. Scales for the measurement of ethos. Speech Monographs, 33, 65-72 (1966).
  • O’Keefe, D.J. Persuasion: Theory and research. Newbury Park, CA: Sage (1990).
  • Perloff, R.M. The dynamics of persuasion. Hillsdale, NJ: Erlbaum (1993).
  • Widgery, R.N., & Webster, B. The effects of physical attractiveness upon perceived initial credibility. Michigan Speech Association Journal, 4, 9-15 (1969).
  • Wilson, E.J., & Sherrell, D.L. Source effects in communication and persuasion research: A
  • meta-analysis of effect size. Journal of Academy of Marketing Science, 21, 101-112. (1993).
  • Worthington, R.L., & Atkinson, D.R. Effects of perceived etiology attribution similarity on client ratings of counselor credibiliy. Journal of Counseling Psychology, 43, 423-429 (1996).

 

出典

Credibility in the 21st century: Integrating perspectives on source, message, and media credibility in the contemporary media
Authors: A. Flanagin, M.J. Metzger, K. Eyal, D.R. Lemus
Communication Yearbook 27 (2003)

 

(前の記事)【Credibility for the 21st Century】4. 信憑性研究の歴史
(後の記事)【Credibility for the 21st Century】6. 「情報ソース = 組織」である場合

 

【Credibility for the 21st Century】4. 情報ソースの信憑性

1
Filed under 研究

情報ソースの信憑性の定義

  • 情報ソースの信憑性の定義:「メッセージの発信する人間を信用するかに関する受け手側の判断」(O’Keefe 1990, Wilson & Sherrell 1993)
  • 情報ソースの信憑性に関する研究は1940年代に始まった.情報ソースの信憑性は説得力のある話者の特性として研究が進められた.
    • 信憑性は第2次世界大戦中に生まれた学問である.アメリカ合衆国政府は,大衆の戦争に対する支持を得るための方法として信憑性に着目.
    • Carl Hovland @Yale大学が「説得理論」の構築を目指し,コミュニケーションと態度変容に関する研究をスタート.

Hovlandの情報ソースの信憑性に関する研究

  • 情報ソースの信憑性を話者の専門性(expertise)と信頼性(trustworthiness)の観点から定義(Hovland, Janis & Kelley 1953).
    • 専門性:あるトピックに関する真実を理解・判断するための話者の能力
    • 信頼性:あるトピックに関する真実を語るときの話者の正直さ
  • 情報ソースの信憑性は,情報の受け手によって認知される特性であるとして研究されてきた.

 

参考文献

  • O’Keefe, D. J. (1990): Persuasion: Theory and research. Newbury Park, CA: Sage.
  • Wilson, E. J. & Sherrell, D. L. (1993):  Source effectes in communication and persuasion research: A meta-analysis of effect size. Journal of Academy of marketing Science, 21, 101-112.
  • Hovland, C. I., Janis, I. L., & Kelley, J. J. (1953): Communication and persuasion. New Haven, CT: Yale University Press.

 

出典

Credibility in the 21st century: Integrating perspectives on source, message, and media credibility in the contemporary media
Authors: A. Flanagin, M.J. Metzger, K. Eyal, D.R. Lemus
Communication Yearbook 27 (2003)

 

(前の記事)【Credibility for the 21st Century】3. 信憑性研究の歴史

(次の記事)【Credibility for the 21st Century】5. 情報ソースの信憑性に係る様々な要素

 

【Credibility for the 21st Century】3. 信憑性研究の歴史

2
Filed under 研究

歴史

  •  信憑性に関する研究は「説得プロセス」における要素として注目されて研究が始まった.
  • 当初は,個人や組織の説得に与える要因として情報ソースの信憑性(source credibility)に着目して研究が行われた.
  • 2番目の要因として注目されたのは,情報ソースから発信された「メッセージ自身の信憑性(message credibility)
  • 他にも,特定の情報媒体に着目して情報媒体の信憑性(media credibility)を相対的に分析するという試みも行われた.

現代の情報メディアに対する既存研究の適用可能性

  • インターネット上のコミュニケーションは色々な種類のものが混じっているが,その一つ一つは伝統的なコミュニケーションとして見なすことができるものが多いので,過去の知見を持ち込むことは可能である(Chaffee 2001).
    • ただし,インターネットの信憑性といっても評価すべき対象は様々(例:媒体として見たインターネット,ウェブサイト,ウェブサイトの提供者,特定のウェブページで記載された情報など).
    • この種の多様性が,新しい信憑性研究の難しさでもあり興味深いところでもある.
  • 過去の研究はインターネットの信憑性という新しい課題を研究する上でも非常に有用である.特に,過去に行われた信憑性の概念化および評価に関する研究に対する批判を顧みることが重要であろう(Cronkhite & Liska 1976, Delia 1976).

 

参考文献

  • Chaffee, S. H. (2001): Studying the new communication of politics. Political Communication, 18, 237-244.
  • Cronkhite, G. & Liska, J. (1976): A critique of factor analytic approaches to the study of credibility. Speech Monographs, 43, 91-107.
  • Delia, J. G. (1976): A constructivist analysis of the concept of credibility. Quarterly Journal of Speech, 62, 361-375.

 

出典

Credibility in the 21st century: Integrating perspectives on source, message, and media credibility in the contemporary media
Authors: A. Flanagin, M.J. Metzger, K. Eyal, D.R. Lemus
Communication Yearbook 27 (2003)

 

(前の記事)【Credibility for the 21st Century】2. ウェブ情報の特徴
(次の記事)【Credibility for the 21st Century】4. 情報ソースの信憑性