Author Archives: tricycle

助教クラスで基盤Bに採択されるかを調べた

0
Filed under URA, データBlog

10月と言えば科研費申請のシーズン。うちのオフィスではURA総動員で申請書のブラッシュアップを行っているのだが、チェックしていた基盤研究Bの研究計画調書の中で「助教」の方が申請代表者のものがあった。基盤研究Bというと教授、准教授クラスが採択されているイメージがあったので、この申請書を見た時、正直これは難しいんじゃないと思った。が、僕がそう思い込んでいるだけかもしれない。というわけで、データを調べてみた。

データソース

人文社会系分野における共同研究の頻度と規模」を調べたときと同様、科研費データベースに収録されている1996年以降に採択された課題を分析ソースとして用いた。科研費データベースのデータでは、課題(研究)内容や申請カテゴリ(例: 基盤研究A)といった情報以外に、各課題が採択された際の申請者の職階(教授、准教授、講師、助教など)も載っているので、これを分析に用いた。

採択者の内訳

図1に「基盤研究B採択者の職階の内訳」に記す。Unknownは所属が確認できなかった採択者を意味している。このUnknownの採択者の実態が気になるが、グラフを見る限り基盤研究Bにおける助教の採択者は全体の0.9%。助手も助教としてカウントしたとしても合計2.0%。1996年から2013年までの採択データを眺める限り、助教クラスで基盤研究Bに採択されている人はかなり少ない。その中でも採択されている助教は相当な強者なんだろうか。


図1: 基盤研究Bの職階別採択者の内訳

 

ちなみに図2に基盤研究A、図3に基盤研究Cの職階別採択者の内訳をまとめた。さすがに2000万〜5000万円程度の研究費を手にすることになる基盤研究Aになると、採択者の大半は教授クラス。きっと大御所クラスの教授なのだろう。助教で採択されている人は全体のわずか0.2%(それでも採択されている人がいるのが驚き!)。

図1: 基盤研究Aの職階別採択者の内訳

 

一方、基盤Cになると採択者の職階は割とばらける。助教、助手は全体の10%程度。助教、助手クラスだと若手研究A、Bに申請する人も多いだろうから、10%という数字は少なくないと思う。

図3: 基盤研究Cの職階別採択者の内訳

 

雑感

審査および評価に関する規程にも書かれているように、助成対象プロジェクトを決めるには「提案内容の新規性や意義」だけではなく「研究遂行能力」や「研究計画」も重要な要素となる。研究遂行能力を評価するに際して、論文の数や職階を見て決めるってことはないだろうとは思うが、上のデータを見る限り、結果的には研究成果が相対的に少なくなる助教クラスが基盤Bに採択されるのは難しいのかなと感じた。

こういうデータが提示されたときに、申請支援に携わるスタッフは申請カテゴリを替えることを勧めるのか、それとも採択に向けて何らかの策をこらすのかも考えどころ。全国のURAのみなさんは、こういうときどうするんですかね?

人文社会系分野における共同研究の頻度と規模

2
Filed under データBlog

URAシンポジウム2014の人文社会系研究支援セッションにて、パネラーの一人から「人文社会系の研究者は共同研究をあまりしないので…」という発言があった。

確かに人文社会系の研究者はどちらかというと大学にあまり出てこず、自分の書斎で黙々と研究しているイメージがないこともない。しかし、歴史に関するテレビ番組なんかを見ていると、研究者がグループになって遺跡を発掘している映像なんか映ったりすることもあるので、共同研究プロジェクトが行われてないことはないはず。

人文社会系研究において、はたして共同研究はどのくらい存在するのか?公開されているデータベースからデータを収集して調べてみた。

データソース

いわゆる理系研究の共同研究分析では、Elsevier社やThomson社が提供している論文データベースを元に、論文の共著者ネットワークの分析が行われる。一方、日本の人文社会系研究の論文はこれらデータベースに収録されているケースがほとんど稀なので、論文をベースにした研究者ネットワーク分析を行うことはできない。そこで、今回は科研費プロジェクトに着目し。各研究プロジェクトがどのようなメンバーで構成されているかを調べることで、共同研究の状況を分析してみることにした。

科研費の採択課題は、科研費データベースで公開されている。例えば、これはiPS細胞の山中先生のプロジェクトの1つ。各課題ページには、

  • 課題名(プロジェクトタイトル)
  • 課題概要
  • 研究代表者
  • 研究分担者、研究協力者
  • 開始年
  • 研究種目(基盤A, 若手Bなど)
  • 研究分野
  • 研究費配分額

などなど。

今回はこの科研費データベースから1996年以降に採択された全課題を抽出した。「1996年」を開始年にした理由は、その年に基盤研究(A)(B)(C)(S)が始まったから。抽出された課題数、すなわち1996年に採択された課題総数は327,369 件だった。

人文社会系分野 vs. それ以外の分野の研究分野

科研費プロジェクトにおいて人文社会系研究とそれ以外の研究を区別するために、今回は各採択課題の研究分野に着目。ここにあるように、研究分野が「人文社会のカテゴリ、サブカテゴリ」に分類されているものを「人文社会系(研究プロジェクト)」、それ以外を「非人文社会系(プロジェクト)」とした。

1996年以降に採択された科研費課題で、今も申請種目として存在するもの(例: 基盤A、B、C、若手A、Bなど)を「人文社会系」「非人文社会系」ごとにまとめた統計情報を以下に記す。

 

表1: 人文社会系分野およびそれ以外の分野の採択課題数

表1をみると特別推進研究や新学術領域に人文社会系は採択されていないのかと不思議に思ったのだが、そういうわけではなかった。例えば新学術領域の採択課題を調べてみると、ここにあるように研究分野として「人文社会系」が割り当てられていないが新学術領域研究として採択されているものがあることが分かる。科研費データベースさん、人文社会系のフラグをちゃんと割り当てて欲しかったなぁ…

表1では採択課題の研究種目別割合が分かりにくいので、図1に人文社会系採択課題の割合、図2にその他の分野(非人文社会系)の採択課題の割合を円グラフにしてみた。


図1: 研究種目別にみた人文社会系分野の採択課題数の分布


図2: 研究種目別にみたその他の分野の採択課題数の分布

 

さてさて、共同研究の頻度や規模を調べるためには、予算規模に関連する研究種目を調べるのではなく、実際に研究プロジェクトを構成する研究者の数を調べる必要がある。幸い、科研費データベースには各採択課題にどんな研究者が参画しているかが公開されている。そこで、1研究プロジェクトに参加している研究者の数を、人文社会系分野と非人文社会系分野で比較してみた。なお、今回の分析では研究種目の性質上、個人研究プロジェクトにならざるを得ないものを無視するため、研究課題の表1のデータから、若手研究(A)(B)、研究活動スタート支援、若手研究(スタートアップ)といった個人研究課題を取り除いた。

 

図3: N人以上の研究者から構成される研究課題(プロジェクト)の割合

 

図3は、人文社会系もしくは非人文社会系分野における採択課題のうち、N人以上の研究者から構成される採択課題が何%くらいあるかを示したグラフである。グラフをグリグリすると具体的な数値が確認できるが、例えば折れ線グラフで横軸が2のところに着目すると、人文社会系分野では2人以上の研究者が参加している研究課題(プロジェクト)が人文社会系採択課題の39%を占めていることが分かる。

さて図4を眺めてみると、横軸が4のところで「人文社会系分野」の折れ線と「非人文社会系分野」の折れ線が交差していることが分かる。これは、

  • 参画研究者の数が3以下の研究プロジェクトについては、非人文社会系分野のほうが人文社会系分野よりも(割合として)多かった
  • 参画研究者の数が5以上の研究プロジェクトについては、人文社会系分野のほうが非人文社会系分野よりも(割合として)多かった

ことを意味する。

 

雑感

人文社会系の研究者は個人研究が多い印象が強かったので、非人文社会系分野よりも小規模な研究がより多い傾向にあると予想していた。しかし、上の事実は全く逆だった。科研費の採択課題を見る限り、小規模な研究プロジェクトはむしろ非人文社会系分野の方が(割合としては)多く、参画者数が5人以上になるような大プロジェクトは人文社会系分野の方が多かったのである。URAシンポジウム2014で「人文社会系の研究者は共同研究をあまりしないので…」ということ発言があったが、今回の調査からによると必ずしもそうではなさそうだ。

ところで、なぜ「4」という数字で折れ線が交差したのだろうか? 色々考えてみたのだが、研究室の有無が関係しているような気がした。理系分野では研究は「研究室」という単位で行われることが多い。研究室はボスである教授、准教授、講師、助教で構成される。そのメンバーで研究プロジェクトを組むとすると、1-4人くらいのチームになる。僕の古巣の研究室を振り返ってみても、だいたいそんな感じだ。一方で人文社会系分野では研究室という形態はあまり聞いたことない。そのような状況が図3のような結果を生んだのではなかろうか。

そう考えると、人文社会系分野も研究室のように研究者が常に集まっているような状況をうまく作ることができれば、(2-4人レベルの)小規模な研究プロジェクトが増えるのではなかろうか。大規模な研究プロジェクトはしっかり行われているんだし。一方で、研究室なんて文化がないからこそ人文社会系研究ができるんだ、ということもあるかもしれないので、実際どういうニーズがあるのか、研究者とじっくり話合う必要がありそうだ。

URAかるたの開発

0
Filed under URA, 研究

carta

 

京都大学でURAとして仕事をし始めて約2年経ちました。URA業務の情報共有・スキルアップのために、URAシンポジウム・研究会に参加したり、自分自身でもURA育成カリキュラムの設計、実施に携わってきましたが、運営者側の期待とは裏腹に「URA業務の理解」「URA同士の情報共有」「URA業務に関する学習」が進んでいないような気がしていました。

 

URAに少しでも関わったことのある方、下記のようなことを思われたこと、ありませんか?

  • URA(リサーチ・アドミニストレータ)っては普及し始めているけど、具体的な仕事内容がイメージできない…
  • そもそも具体的なURA業務がイメージできないから、どんなスキルや知識を学んだらよいか分からない…
  • 他のURAとURA業務について本音で議論したいけど、そんな機会がなかなか見つからない…

 

URAシンポジウムURAスキル標準とは異なるアプローチで、URAの学習環境や相互研鑽をより良くできないか?そう思い、URA養成ゲーム開発プロジェクトを立ち上げました。昨年度は、科学研究費助成事業奨励研究のサポートを受けて、冒頭の画像のような「URAかるた」とそれを用いたゲームのプロトタイプを開発しました。

 

プロトタイプを使って、実際にテストプレイもやってみました。ゲームを始めるまではだいぶん不安でしたが、

  • すごく楽しかった!人数の設定もちょうど良くて、自分の考えを言いやすい雰囲気でとてもよかった!
  • 掛け声、最初は少し恥ずかしかったけど、他の参加者と一体感が出て良かったです!
  • 皆いろんなこと思いながら頑張ってることがあらためて分かった!

など、予想以上に好評でした(同時に改善すべき点も大量に出てきました)。

 

せっかく開発したURAかるたを今後改良・普及するために、開発の過程とプロトタイプテストの詳細について、2-3回に分けてログを残そうと思います。何かの参考になれば幸いです。

 

【掲載予定コンテンツ】

  • 開発の背景 ~ URAの学習・情報共有状況に関するヒアリング
  • URAかるたを使ったゲームの開発
  • テストプレイから見えた今後の課題

 

carta-overview

 

 

「行列のできるURAお悩み相談所」の狙いについて

0
Filed under URA, 学会, 徒然

2013年11月18-19日に開催された第3回URAシンポジウム・第5回RA研究会「行列のできるURAお悩み相談所」という企画を実施した.企画の狙いに関して,文書で発表する機会がなかったので,この場を持ってちょっとだけ説明しようと思う.

 

企画者の思い

私たちが今回の企画で目指したこと,それは研究会を「本当の意味」で経験・知識を共有・議論する場にするということです.コミュニティの中で知識やスキル,課題を共有・議論するためには,研究会やシンポジウムを利用するというのが一般的です.URA業界でも同様の取り組みは行われていますが,どうも概要的な発表が多く,持ち帰って自分の業務に活かしにくい.本当はもっと踏み込んで議論したいのに,形式的な議論に留まっている.参加者が競合相手であり,かつ扱っている内容も機密事項も多いからなのでしょうか.とにかく,こういったシーンが多いように感じていました.シンポジウムや研究会の開催実績が残るだけでは,なんだか虚しいですよね.URAの必要性を世に知らしめるためには,URA自身のレベルをもっとUPさせないといけない.そのためには,コミュニティの中で実務にもっと踏み込んでざっくばらんに議論する場をデザインしたいと思いました.

形式的なイベントに終わらないよう,色々な事を考えました.

  • URAのみんなが実際に悩んでいる問題を議論し持ち帰ってもらうにはどうしたらよいか?
  • どんな小さい疑問・悩みでもいいので,正直に意見を出してもらうにはどうしたよいか?
  • たくさんの人に参加してもらい、会場でもいろいろと考えてもらうにはどうしたらよいか?

等々,URAシンポジウム・研究会に参加された方に共感をもっていただき,行動を促せるような場について企画者同士で議論し,必要であれば知り合いのURA関係者に意見も求めました.その結果,

  • 匿名で悩み・疑問を投稿する
  • 多様なバックグラウンドを持つ相談員に大喜利形式で解決策を語ってもらう
  • 投稿してもらった悩み・疑問でポスターを完成させていく

といったアイデアが生まれ,それらを統合する形であの異色のポスターそして企画セッションが作られました.

200人を超えるセッション参加申し込み者の皆様の期待に応えられたかどうかは分かりませんが,URAの自己研鑽の場を作る上で今回の取り組みが何かの参考になれば幸いです.そして,今回の経験を糧にURAコミュニティがより活発になるような活動を行っていきたいと思います.本企画にご興味・ご関心をお持ちの方がおられましたら,ぜひ一緒に何かやりましょう.

僕がアートに関心を持つ理由

0
Filed under 徒然

情報学の研究者で,アート門外漢な僕がアートに関心をもった理由.それは,アートそのものよりもアーティストの生き様にある.既成概念にとらわれず,新しい世界観をまっすぐに表現しようと格闘するアーティスト.そんなアーティストの生き様が,僕はとても好きだ.

 

ところで,アーティストと研究者との間に,僕はある種の類似性を感じている.研究者にもさまざまなタイプが存在する.(1)真理を探求を目指す研究者.(2)社会問題の解決を目指す研究者.そして,(3)新しい世界観を創造し,それを世に問う研究者.アーティストの考え方に触れるたびに,フィールドや表現方法が違えど,(特にタイプ(3)の)研究者とアーティストとの間に共通の生き様を感じるのだ.

 

アーティストと研究者.一見すると異なるものであるが,互いの活動に新しい刺激を与えうる可能性があるのではないか.アーティストとの交流によって,研究者の考え方,発想が刺激される.その結果,既成概念を打ち破り,世に新たな価値をもたらす研究が生まれる — 僕はそれを密かに期待している.研究のタコツボ化が進みつつある今日だからこそ.

 

未来社会の多様性を高めるクリエイティブな研究・アート活動を促進するためにも,アーティストと研究者が集う場をARTLOGUEが作るというのもありかもしれない.

 

※ この文章は,山本が理事を務める一般社団法人World Art Dialogueのメールマガジンのコラムに寄稿した原稿です(ARTLOGUE mag No,0014).