Tag Archives: 翻訳

Search User Interfacesの和訳

0
Filed under 徒然

諸事情あってMarti Hearst氏が書かれたSearch User Interfacesという本の一部を翻訳している.

今回の翻訳は自分のためのメモではなく一部の人間に見せるためのものなので,
適当に訳しては怒られてしまうので,訳も時間がかかる.

 

訳していて思ったのだが,ネイティブの各英語は僕のようなへなちょこ英語学習者の書く英語と比較すると
かなり熟れた英文であるため,ネイティブには分かりやすいのかも知れないが,
非ネイティブな僕には苦しい箇所が多数出現!

何度読んでも分からず発狂しそうになっては放置し,後で読み返すとあーそういうことね,
ということの繰り返し...まぁ漸く終わりそうなので良しとしよう..

 

さて,この本を読んで思ったことは,

検索インタフェースの本としては検索インタフェース研究をさらうには良書であるが,
これ系の研究というのは体系立てることは難しいのか?体系なんて存在せず学問領域になり得るのか?

ということである.

 

抽象化したり体系化することこそが学問だ!なんて思ってはいないが,
あまりにも事例だけで話が進むとインタフェースに関する研究は単なるTipsの集まりなのね,
と思われかねない.