Tag Archives: 信頼性

【Credibility for the 21st Century】5. 情報ソースの信憑性に係る様々な要素

2
Filed under 研究

様々な要素

  • 1960年代から1970年代の情報ソースの信憑性に関する研究では,メッセージの受け手に信憑性を感じさせる要因の解明に力点が置かれた.
  • 研究者の多くは,信頼性(trustworthiness)と専門性(expertise)が情報ソースの信憑性に係る2大要因であることを明らかにしたが,その他にも力強さ(dynamism)や落ち着き(composure),社会性(sociability)といったものも情報ソースの信憑性に影響があることを明らかにした(Berlo, Lemert, & Mertz 1969,Gass & Seiter 1999, Jurma 1981, McCroskey 1966, Perloff 1993, Whitehead 1968).
  • 情報ソースの信憑性の研究においては,メッセージの受け手に信憑性があると思われる話者は「専門能力あり,信頼感(正直さ,真っ直ぐさ)があり活気があり,落ち着きがあり,気立ての良い人」とされる.

情報ソースとのつながり(linking)

  • 話し手とつながりが持てると情報ソースの信頼性を感じるようになる.専門性には影響を与えない(O’Keefe 1990).
  • 愛想や親しみ,見た目の魅力も同様に信頼性に影響する(McCroskey 1966, Widgery & Webster 1969).

情報ソースとの類似性(Similarity)

  • 話し手に類似性を感じるかが,話し手の信頼性,専門性の判断に大きく影響する(Aune & Kikuchi 1993).
  • ここで言う類似性とは態度の類似性であって,素性や能力,肩書きの類似性ではない(Atkinson, Brady & Casas 1981, Byrne 1969, Worthington & Atkinson 1996).

情報ソースの信憑性への影響度合い

  • 情報ソースの信憑性に係る要因がどの程度の影響力があるかについて研究が行われた.
  • 1950年から1990年にかけて,114本の研究論文が発表された.
  • 情報ソースの専門性が最も影響力のある要因(Wilson & Sherrell 1993).
  • 専門性は他の要素よりも客観的で,情報ソースの信憑性を判断しやすいと認知されている.
  • 信頼性の方が専門性よりも影響度が強いと報告している事例もある(Lui & Standing 1989).

 

参考文献

  • Atkinson, D. R., Brady, S., & Casas, J.M. Sexual preference similarity, attitude similarity, and perceived counselor credibility and altraciiveness. Journal of Counseling Psychology, 28, 504-509 (1981).
  • Aune, R.K., & Kikuchi, T. Effects of language intensity similarity on perceptions of credibility, relational attributions, and persuasion. Journal of Language and Social Psychology. 12, 224-237 (1993).
  • Berlo, D.K., Lemert, J.B., & Mertz. R.J. Dimensions for evaluating the acccpiabilily of message sources. Public Opinion Quarterly, 33,563-576 (1969).
  • Bynie, D. Attitudes and attraction. In L. Berkowitz (Ed.), Advances in experimental social
  • psychology (Vol.4, pp. 34-89). New York: Academic Press (1969).
  • Gass, R.H., & Seller, J.S. Persuasion, social influence, and compliance gaining. Boston, Boston, MA: Allyn & Bacon (1999).
  • Jumia, W.E. Evaluations of credibility of the source of a message. Psychological Reports, 49, 778 (1981).
  • Lui. L.. & Standing, L. Communicator credibility: Trustworihiness defeats expertness. Social Behavior and Personality, 17, 219-221 (1989).
  • McCroskey, J.C. Scales for the measurement of ethos. Speech Monographs, 33, 65-72 (1966).
  • O’Keefe, D.J. Persuasion: Theory and research. Newbury Park, CA: Sage (1990).
  • Perloff, R.M. The dynamics of persuasion. Hillsdale, NJ: Erlbaum (1993).
  • Widgery, R.N., & Webster, B. The effects of physical attractiveness upon perceived initial credibility. Michigan Speech Association Journal, 4, 9-15 (1969).
  • Wilson, E.J., & Sherrell, D.L. Source effects in communication and persuasion research: A
  • meta-analysis of effect size. Journal of Academy of Marketing Science, 21, 101-112. (1993).
  • Worthington, R.L., & Atkinson, D.R. Effects of perceived etiology attribution similarity on client ratings of counselor credibiliy. Journal of Counseling Psychology, 43, 423-429 (1996).

 

出典

Credibility in the 21st century: Integrating perspectives on source, message, and media credibility in the contemporary media
Authors: A. Flanagin, M.J. Metzger, K. Eyal, D.R. Lemus
Communication Yearbook 27 (2003)

 

(前の記事)【Credibility for the 21st Century】4. 信憑性研究の歴史
(後の記事)【Credibility for the 21st Century】6. 「情報ソース = 組織」である場合

 

【Credibility for the 21st Century】4. 情報ソースの信憑性

1
Filed under 研究

情報ソースの信憑性の定義

  • 情報ソースの信憑性の定義:「メッセージの発信する人間を信用するかに関する受け手側の判断」(O’Keefe 1990, Wilson & Sherrell 1993)
  • 情報ソースの信憑性に関する研究は1940年代に始まった.情報ソースの信憑性は説得力のある話者の特性として研究が進められた.
    • 信憑性は第2次世界大戦中に生まれた学問である.アメリカ合衆国政府は,大衆の戦争に対する支持を得るための方法として信憑性に着目.
    • Carl Hovland @Yale大学が「説得理論」の構築を目指し,コミュニケーションと態度変容に関する研究をスタート.

Hovlandの情報ソースの信憑性に関する研究

  • 情報ソースの信憑性を話者の専門性(expertise)と信頼性(trustworthiness)の観点から定義(Hovland, Janis & Kelley 1953).
    • 専門性:あるトピックに関する真実を理解・判断するための話者の能力
    • 信頼性:あるトピックに関する真実を語るときの話者の正直さ
  • 情報ソースの信憑性は,情報の受け手によって認知される特性であるとして研究されてきた.

 

参考文献

  • O’Keefe, D. J. (1990): Persuasion: Theory and research. Newbury Park, CA: Sage.
  • Wilson, E. J. & Sherrell, D. L. (1993):  Source effectes in communication and persuasion research: A meta-analysis of effect size. Journal of Academy of marketing Science, 21, 101-112.
  • Hovland, C. I., Janis, I. L., & Kelley, J. J. (1953): Communication and persuasion. New Haven, CT: Yale University Press.

 

出典

Credibility in the 21st century: Integrating perspectives on source, message, and media credibility in the contemporary media
Authors: A. Flanagin, M.J. Metzger, K. Eyal, D.R. Lemus
Communication Yearbook 27 (2003)

 

(前の記事)【Credibility for the 21st Century】3. 信憑性研究の歴史

(次の記事)【Credibility for the 21st Century】5. 情報ソースの信憑性に係る様々な要素