研究室のビジョン,ミッション,行動規範について

この文書は,山本祐輔の研究室におけるビジョン,ミッション,行動規範について記したものです. 不完全な部分もあるため,今後更新されることもありますが,ここに記したものが山本の研究室の活動哲学となります. 研究室内で行われるすべての活動は,このビジョン,ミッション,行動規範をもとに決定・評価されます.

ビジョン:未来の多様性を高める

1つの価値観に縛られた社会に未来はあるのでしょうか?価値観に縛られた社会はタコツボ化し,いずれはどん詰まりになり,前に進む力を失うことでしょう.既存の価値観では対応できない新たな問題が現れたとき,それを解決することはできないでしょう.また,価値観が固定化された社会は変化に乏しく,新鮮味・面白みにかけることでしょう.

活き活きとした未来をつくっていくために,現在の延長線上にある社会課題を解決していくことはもちろん重要です.しかし,僕はそれ以上に考えられうる未来のシナリオを増やすこと,すなわち「未来の多様性」を高めることが重要だと思っています.そのためには,未来をつくる人々,未来に生きる人々が変化・行動を起こすことに前向きになり,新たな価値観を生み出そうとするきっかけや環境が必要と考えます.

ミッション

人々の思考の活性化,認知能力の拡張および前向きな態度・行動を促進する情報インタラクションデザインあるいはメディア表現に関する研究を行う


行動規範:未来の多様性を高める知的な野蛮人たれ

  1. 未来に寄与する活動に自らも参加していることを自覚する
  2. 答えではなく問いにこだわる
  3. 常識を疑う.最先端より未踏にこだわる
  4. 考えるのではなく,考え抜く
  5. 人と比べない.自分と戦う.
  6. 自ら省み,自ら修める
  7. 素早く失敗し,素早く学ぶ
  8. 1つのことにこだわりを持つと同時に興味のアンテナを広げる
  9. 研究室メンバーを尊重し、切磋琢磨する
  10. 学んだことは積極的に他者と共有する

その他、良き大人としての行動規範

  1. 挨拶をする
  2. 約束を守る
  3. 何事にも誠実であれ
  4. 積極的にメモを取る
  5. よく遊び,よく学び,よく働く