【Credibility for the 21st Century】2. ウェブ情報の特徴

Filed under 研究

ウェブ情報の特徴1: ゲートキーパーの不足

  • 新聞や書籍,雑誌,テレビなどは,一定レベルの事実確認,内容のチェック,編集チェックを受けている.
  • 同様のチェックが,ウェブ情報に対して必ずしも行われているわけではない.
    • 「オンライン新聞サイトや有名なポータルサイトは内容のチェックを受けている」という声もあるだろうが,そういうサイトは広大なウェブ世界ではむしろ少数派.
    • ウェブ情報の大半は非公式な情報であり,どの程度内容の精査がされているのかは不明.
    • 内容チェックを受けなくても情報発信できるということが,正確な情報をウェブで発信しなければという社会的なプレッシャーを低減させる(Jonson and Kaye 1998)

 

ウェブ情報の特徴2: 異種情報の混在

  • 特徴的な例は「広告と非広告情報の混在」(Alexander & Tate 1999, Flanagin & Metzger 2000)
    • 紙出版物と比べて,ウェブ情報は広告とそうでない情報の区別が困難.
    • ウェブページ中で掲載されている広告情報が,ページ作成者が作った広告なのか,違うソースから掲載された広告なのかが分からない時もある(Alexander & Tate 1999)
  • 情報のソースが分からないと,掲載された情報を信頼してよいのか判断がつかなくなる.

 

ウェブ情報の特徴3: 情報発信者に関する評判情報の不足

  • 既存のメディアとは違って,ウェブ上では情報を配信するウェブサイトに対する評判情報というのが乏しい.情報ソースの評判を考慮して情報の信憑性を判断することができない.
    • 例:New York Timesは有名な新聞社だと分かっているので,そのサイトに掲載された情報の質は判断できるが,ウェブ上ではそのように発信者の名前で判断できることが少ない.
  • 「コンピュータは正確である」という思うがために「ウェブ情報は信用できる」と考える人もいる(Johnson & Kate 1998, Witmer 1998)
  • 権威付けがないににもかかわらず,プロフェッショナルに「見える」ウェブサイトが信用されてしまうことも少なくない(Flanagin & Metzger 2000, 2000a, Johnson & Kate 1998, Alexander & Tate 1999, GombdaWeb 1998, Rieh  & Belkin 1998).

 

ウェブ情報の特徴4: 改変の受けやすさ

  • 特定のルートを通じて発行される既存のメディア情報と異なり,ウェブ情報は改変されやすいし,改変されたことを検知するのも難しい (Alexander & Tate 1999)

 

参考文献

  • Alexander, J. E., & Tate, M. A. (1999): Web wisdom: How to evaluate and create inforamtion quality on the Web. Hillsdale, NJ: Erlbaum.
  • Johnson, T. J., & Kaye, B. K. (1998): Cruising is believing? Comparing Internet and traditional sources on media credibility measures. Journalism & Mass Communication Quarterly, 75. 325-340.
  • Flanagin, A. J. & Metzger. M. J. (2000): Perceptions of Internet information credibility. Journalism & Mass Communication Quarterly, 77, 515-540.
  • Flanagin, A. J., & Metzgcr. M. J. (2002a): The role of site features, user attributes, and information verification behaviors on the perceived credibility of Web-based information. Manuscript submitted for publication.
  • GomdaWeb.(1998): Perceptions of reliability. Retrieved July 24,2001, from htlp://www.stanford.edu/class/comm217/reliability/perceptions.
  • Rieh, S.Y., & Belkin, N.J. (1998): Understanding judgment of information quality and cognitive authority in the WWW. Journal of the American Society for Information Science, 5, 279-289.
  • Witmer, D. (1998): Introduction to computer-mediated communication: A master syllabus for teaching communication technology. Communication Education, 47, 162-173.

 

出典

Credibility in the 21st century: Integrating perspectives on source, message, and media credibility in the contemporary media
Authors: A. Flanagin, M.J. Metzger, K. Eyal, D.R. Lemus
Communication Yearbook 27 (2003)

 

(前の記事)【Credibility for the 21st Century】1. イントロダクション

(次の記事)【Credibility for the 21st Century】3. 信憑性研究の歴史